【10月27日】スポーツ用品市場

スキー活動量計を開発するにあたって、スキーの学術研究を検索していたら、スキーの研究論文が結構でてました。主に、雪国の大学関係が多いです。
 自転車の研究よりスキーの研究のほうが多いのではないかと思い、研究を支援する業界の規模を調べてみました。
sports_youhin_sijou

スキーとサイクルスポーツは400億円台で似たような用品市場規模でした。
 それにしても、ゴルフと釣りが大きいのに驚きました。
しかし、これは用品市場なので、活動に使うお金の市場がありますが、
 スキー場の市場規模は、500億程度で年々低下してます。
 サイクルスポーツの場合は、活動にあまりお金がかからないので、
スキー市場のほうが、大きいだろうと思います。

しかし、世界規模となるとサイクルスポーツのほうが大きいと思います。
 シマノの売り上げ規模が3800億円もあるのですから、日本のサイクルスポーツ市場が小さい
ということだと思います。

つまり、サイクルスポーツの研究も海外のほうが盛んであることが市場規模からも想定できます。

確かに、カーボンフレーム、ホイール、パワーメーターなどの最先端製品は海外製品が占めてますので、市場規模と研究開発の進歩は、比例していると考えてます。

いずれにせよ、本ブログで扱っているスキー、ロードバイクともスポーツ全体市場からみればマイナーなスポーツであるということが理解できました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です