【12月27日】スキー活動量計から滑走中データグラフでました

スカイラインから北尾根に抜ける緩斜面でスキー活動量計で滑走中のデータをとってみました。
センサは、9軸IMU(加速度ジャイロ地磁気)、GPS,気圧、脈拍を同時測定してあります。

fukuro
詳細は、信州MAKERSご覧ください。
http://maru-yo.net/shinshu_makers/2016/12/27/%e3%80%9012%e6%9c%8827%e6%97%a5%e3%80%91%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%bc%e6%b4%bb%e5%8b%95%e9%87%8f%e8%a8%88%ef%bc%9c%e3%83%87%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%81%ae%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e5%8c%96%e6%a4%9c/

 

dp1m0163-001s2016-12-26-4

グラフで腰の曲げ角度が判ります。斜度があるところでターンしているのが標高カーブとIMUからわかります。
ski_action_gps_bmp_az

この滑走の全体は下記ですが途中撮影で5分ほど止まってます。
ski_action_zentai

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です