【1月25日】晴天の八方裏黒[URAKURO]2本

久しぶりの晴れの八方、一昨日よりは客がきてましたが、外人が減った感じがします。晴天なら22日にOPENしたての裏黒を滑ってみました。
http://www.happo-one.jp/news/5919.html
DSCN4881
時々ガスがかかりますが、晴天で風も弱くて大勢の人が裏黒ピストンしてました。
DSCN4863
DSCN4873

黒菱ペアがらがらですが数人のグループが乗ります。黒菱ペアを降りて右側に裏黒の看板のあるところから侵入します。
 
DSCN4883
ここ初めての人だと足下が見えないので看板過ぎて数mいくと
足下が切れ落ちているのを見てビビッテしまうと思います。
 だいたい35度から40度くらいありますが数十mの区間だけ35度オーバーで、その下は30度平均くらいですので、雪質さえ良ければ安全に降りられます。しかし、ここがアイスバーンになっていたら、テレマークは無理だと思います。転ぶと下まで百m以上滑落しますので、怪我すると思います。本日は、パック雪面で、堅めでしたので、やはりここでこけたら一気に下まで滑落するだろうなという雪面でしたので慎重にターンを一回ずつゆっくり確実にして4ターンくらいで、危険斜面を抜けました。このような硬い急斜面は、アルペン、ファット板は安定感がありました、今日はDOUBLERの日でした。
DSCN4880
●注意
裏黒の注意しなければいけないのは、尾根であるということです。
 標識の向こう側は、切り立った崖ですので、標識を超えて数mで崖から落下してしまいますので、絶対左側の標識を超えてはいけません。
 ここから落ちると命が危ないと思います。
 雪庇はあまり見たことがないのですが、標識から5m以上離れて滑ったほうが安全だと思います。視界が悪い時は、特に左に行かないように、黒菱リフト側に林を滑ったほうが安全です。
 DSCN4875

左の稜線から切れ落ちていて、尾根が狭いので尾根頂点を滑らないように片斜面を滑っていけばいいですが、林の中に入ると黒菱リフトまで抜け出すのが大変になるので、尾根が見える範囲の片斜面を滑っていけば安全です。
DSCN4879
尾根の頂点部は、風でパックされてシュカブラっぽい雪面になってました。冬山の雪面をしばらくぶりで見られました。

●ルート
① 黒菱リフトでピストンしたい場合
  急斜面降りたら、林と尾根の間を滑って尾根の台地まで降りたら、
 そこから、右下に黒菱リフトが見えるので、狭い林間を滑りこめば黒菱リフト乗り場に着きます。
②スカイラインからピストンしたい場合
  尾根の台地から尾根頂点ずたいに緩斜面を降ります。あまり面白くないので、途中の林間の深雪に入り込みシュプールがたくさんあります。標識通りに降りていけば、林道にでるので、林道を下るとスカイライン上部圧雪コースにでますので、そこから飛ばしてスカイラインリフトまで一気に下れます。
 私がのんびり写真を撮りながら下っても1往復30分くらいでした。


 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です