1月6日 八方でカービング練習

◎八方でカービング
かちかち下地に10cmくらい新雪が積もってました。
まだ、正月休みなのか。子供と若い人と外人で大賑わいでした。
 パノラマでアルペン練習してシュテムばかりやっていたのですが、
イントラのようにきれいなシュテムになりません。板のテールのずらしができません。
 次に、ワイドスタンスを維持したカービングターンの練習を始めました。
 テレマークでもこの姿勢でカービングができるのですが、アルペンの場合切れ味が
 一枚上手で、かちかちの雪面を刻みながら2本レールを描いてくれます。
  スピードも相当出るので、パノラマ南側斜面の人のまばらなところを大回りでカービング
しました、いままでテレマークでは体験できなかった遠心力のGを体験しました。
 アルペンは、板と靴の接合関係がモーメントで結びついている(剛節)ので、テレの(滑節)との
 差は、桁違いです。板を自由にたわませて、弧をえがいて雪面を切っていけます。

 しかし、皆さんのように、きれいな姿勢で適度にずらしながらターンをすることでできません。
  アルペンの基礎練習をしばらくしてみます。

DSC_1411DSC_1418
パノラマ混雑してましたが、スカイラインと黒菱は空いていました。スカイラインでショートターン練習してパノラマでオンザレールのカービング練習しました。

 兎の南側圧雪斜面は、草がでてきてます。明日は危ないです。

◎メインテレ板の準備
10時に白馬ヤマトヤさんにチューンアップ上がりのTM22を受け取りました。
通常1週間というのに、無理いって2日で上げてもらいました。毎回対応が良いです。
 入れ替わり、TM20をワックスに預けておきました。
 上がったら、TM22とTM20で比較滑走してみて、どちらをメインにするか決めます。

 それが決まったら、一方のエンツォをはずして、テレマーク用新太板を作ります。
 ブンリンさんのお勧めは、ARMADAのTSTという太いけどキャンバがついてカービングできる
 万能板です。ARMADAのJJだとテレマークでは、整地が苦しいだろうということでTSTにしました。

 ◎これで、板のラインアップは、完了です。結局7本になってしまいました。
 ●アルペン
   新雪未圧雪用:BLASTRACK DOUBLER 176cm 140-114-126  R27.1m
    中程度の未圧雪:Rossignol Bandit B3 Respect 176cm
      整地用:  ATOMIC BLUESTER DEMO FINE  160cm


  ブーツ: REXXAM  PowerRex S100 25cm

 ●テレマーク
   新雪・未圧雪:ARMADA TST  174cm+エンツォ
     整地、浅い未圧雪:ATOMIC TM22 170cm or ATOMIC β TM20 170cm+エンツォ
   歩き、ツアー用:BLACK DIAMOND MYSTIC +コブラr8

  ブーツ:GARMONT ENER-g 26cm 
   

    あとは、テレのNTN化ですが、アルペンで、コルチナ稗田林間がまともに降りれるようになって
 からテレで挑戦して、エンツォでは、だめだと結論出たら考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です