1月30日湿雪の八方でアルペン基礎練習

今日もアルペン基礎練習です。前回と雪質が悪くなっているので、覚えたターンができるか練習しました。

 国際駐車場満車の2台前になんとか駐車できました。八方も通常シーズン並の客の入りです。
一発目リーゼンを降りたのですが、11時でもうミニこぶだらけで人がたまっていて、ターンをがんがんやる状況ではありませんでした。凹凸があると私の初歩のアルペンターンでは、ずれずれになてターンになりませんでした。今日はリーゼン没でした。

 上部へ行こうと思ったのですが、ガスで視界が悪いので初心者では、練習にならないので、
パノラマからセントラルを降りて白樺にでました。

白樺で、3日前と同様に膝をまげて重心を後ろに移動しながらターンする姿勢の練習をしました。
 雪質が湿雪の固まった状態でターンがきまりにくかったです。深く腰を後ろに入れてしっかりと板をたわませるときれいなターンになるのですが、なかなか再現がとれなくて、白樺で20回くらいピストンしました。雪質の細かな変化でまだ姿勢が崩れてしまうので、膝と腰の動きを癖になるまで
 回数をこなさないといけません。

白樺が飽きたので、名木山へ移動して名木山を滑って空腹になったので、しばらくぶりで万国屋へ行って、カレーを食べました。万国屋にもアジア系外国人のグループが陣取ってました。
 

最後に、パノラマからオリンピックコース(通称 パノ急)を降りたのですがここもでかこぶだらけで
 よちよちでやっとのことで降りました。まだまだ、こぶを颯爽と滑るのは、練習時間が必要です。

しばらくは、アルペンで各種の雪質とコースを滑って、対応能力をあげていこうかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です