2月6日新雪15cmの八方でテレマーク

3週間ぶりにテレマークをします。雪が柔らかい時しかテレマークは楽しめませんので、新雪が降った日で、柔らかい下地の場合は、テレマークの日です。

 今日は、ARMADA TSTでした。下部は、かちこちでしたが、兎、黒菱、スカイラインは、下地も柔らかが残っていました。しかし、1週間ぶりの新雪だったので、その間に、未圧雪コースのすみずみまでこぶだらけとなってしまってました。八方は、レベルが高めの人たちが食い荒らすので、穴場と思われる場所ほど、削りとられてでかこぶになってます。1週間で、穴場がこぶだらけになるの
もしようがないとあきらめて、本日は、70%アルペンターン、30%テレマークターンでした。

●テレマークターンとアルペンターンの運動量差
 この3週間アルペン板、靴で滑っていたのですが、硬いかちかち斜面でもそこそこ滑れてしまうのですが、テレマークでは、少しでも硬い雪面があるとターンの力の入れ方が半端ではありません、 リーゼン1本降りるだけで、汗だくで、息が切れてしまいます。テレマークの運動量は、アルペンターンの数倍あると思います。60歳過ぎたら、テレマークで運動をするほうが効率が良いトレーニングになると改めて実感しました。アルペン練習だと、帰りの19号線でも眠くならないのですが、
今日は、テレマークをやったので、眠気がひどくてコーヒーをたくさん飲んでなんとか帰着しました。

スカイライン南側の未圧雪斜面、お気に入りなのですが、デカこぶだらけになってました。
これがリセットされるのは、いつになるのか、もしかすると今シーズンは、でかこぶだらけで終わるのでしょうか。

DSC_1939

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です