2月9日 八方初の深雪でした(明日10日は最高となるでしょう)

朝6時前に白馬道路カメラをみたら路面は、まだ真っ白ではありませんでした。
 朝7時くらいから白馬本降りとなって、勢いよく積雪深さが増えました。
ふもとで1時間10cm近い勢いで、朝から夜まで降り続いてますので、明日10日は、
新雪50~70cmくらいになりそうです。明日の朝八方に積雪深さは、2m50cmくらいと予想します。明日は、早朝から極太板のDOUBLERで出撃します。無風に近い状態ですが、吹きだまりは、腰まで深さがあるので、ゲレンデ隅っこではまってしまう可能性があります。

今日は、新雪スカイライン狙いで、咲花へ、駐車場近場は、駐っていて、一番奥まで雪をかきわけてなんと駐車して、TSTで出撃しました。細かい雪が激しく降ってるので、視界が数十mしかありません。湿雪ではないですが、若干湿度がある雪で完璧なさらさらパウダーではありませんでした。
 TSTでは、はまることはまずありません。ノーズが常に行きたい方向へ向いてくれるので、安心して深雪ぼこぼこに突っ込んで止まってしまっても、再開に苦労しません。ロッカーのファット板の威力を実感しました。しかし、違和感として、スプレーの出方がノーズからでにくくて、雪面とコンタクトしている部分からスプレーがでてきますので、派手なスプレーがなかなかでません。

スカイラインこぶは、午前中はリセットされてませんが、夜には、リセットされるでしょう。
こんな日なのに、客が少なくて、スカイラインリフト待ち無しでした。

ピストンで8本くらいやって、咲花で休憩して、ワックスを塗り増して。更にパウダー喰いです。

通常パウダー滑りは疲れないのですが、若干重いので、スピードをあがてターンするので疲れまた。TSTは、テールが普通のカービング板形状なので、全面太板の安定性よりは安定が劣す。このような膝から腿パウダーの日でないとTSTの性能評価ができません、やはり、TSTは、テレマークよりアルペンターンに向いてるというのが結論です。

ターン弧の間の安定性が少し劣る感じがしました。もっとテレマークに向いた太板をさがそうと思います。

4時まで滑って、兎平から、パノラマ、オリンピックを下って咲花に戻りました。
本日は、朝から夕方までずっと降り続いたので、八方の全ゲレンデが未圧雪状態となりました。
 初心者があちこちでこけてはまってました。石松も3時すぎからこけるようになったので、疲れて
きたということで退散しました。

帰りの駐車場で、隣の隣に駐車していた外国人のレンタカーが抜け出せなくなって近くの人たちで押したのですが、今日の雪はつるつる滑りやすくて、歩くだけでもこけてしまうほどなので、断念
して、インフォメーションへSOSへ行ってもらいました。石松のデミオAWDもはまって亀の子になったのですが、前後進してなんとかぬけだすことができました。おかげで、帰りが1時間遅れました。

DSC_1960DSC_1964

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です