2月11日 快晴+新雪の八方、テレマークでかっとびました

9日10日と深雪滑りを楽しんだら、次のメニューは整地テレマークです。
八方は、新雪の休日は、目一杯圧雪して、すべてのお客様が上手に滑れるようにしてくれます。
 今日は、誰もがワンランク上の滑りが楽しめて、おまけに快晴で眺望がきいて最高の日でした。

朝8時過ぎに松本出発したのですが、八方名木山に到着したのは、10時でした。
大町から白馬まで雪道をのろのろ運転でした。今日は、多かったです。
名木山駐車場満車で、路駐がぎっしりでしたので、国際まで行っら路駐は、あまりないですが
一番奥の4駆でないと登れない場所に1台分空いてるという整理係のお兄ちゃんのお勧めで
ぐいぐいと駐車場奥まで入り込むと、咲花リフトの目の前まで除雪して駐車場を拡げてありました。

国際からパノラマ、リーゼン、兎、黒菱、スカイライン、北尾根、国際に戻ってパノ急、国際、セントラル、白樺、名木山、兎、グラート、兎で大休憩して最後のパノ急は、もうテレマークターンができないほど疲れ切ってました、ほぼ全八方の整地コースをくまなく滑りました。

DSC_2095

DSC_2107

DSC_2137

 こんな日は、勝手知ったるATOMIC TM20でカービング滑りに限ります。
 広いリーゼン上部を思いっきり足を前後に開いてテレマークターンをする快感は、アルペンターンとは別の楽しみです。足腰が前後板の繋ぎとなってターンを形成するのでターンを全身で作っている一体感がたまりません、内傾を最大にして大きな弧を描いてかっとびました。雪面が柔らかなので切る努力をしないでもいいので疲れません。

ATOMIC TM20は、センター66の板がWIDE BODYと言われた時代があったことを物語る。ビンテージ板です。

DSC_2078

 

●テレマーク万能板欲しい
TM20でスカイラインの新雪ぼこぼこに踏み込んだのですが、さすがに不安定でとてもターンをがんがんやれる状態ではありませんでした。やはり、圧雪と不整地ぼこぼこを妥協なく楽しめる板が欲しいと感じました。3月のテレマクリの試乗を待ってられないので、ブンリンさんに相談してみます。TSTをアルペンにして、TSTのエンツォを新テレマーク板にまわそうと思います。
TSTのアルペンビンディングは、Rossi Respectからはずそうと思います。

TSTだとテレマークで切れるカービングができないので、アルペンに変更して、DOUBLERより機動性のあるアルペン板として万能板になるのではないかと思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です