【6月6日】HicTop Prusa i3の造形品質評価

大阪の3DP関係者が低価格帯3DPの評価活動をやったレポートがありました。

そこで使用されたSTLファイルで、私のHicTop Prusa i3でプリントしてみました。

testmodel1

結果1;ABSは、積層10ミリ以上で反ってしまって完全NGでした
=>上記レポートにもあるように、ケースで覆ったタイプの機種が反りに強い結果でした。確かに、UP PLUSが完全NGだけどUP BOXはOKだったので、ABSではケースで覆うのが必須です。

結果2:PLAでは、そこそこ造形精度がでているが、やはりオーバーハングの最終端部でケース付きの機種に対して負けています。」

P6060192

P6060198

サポート無しでドームを積層していくと最先端はオーバーハングになります。そのときに、積層できなくなってしまってます。
ここが、UP BOXなどケーシングして機内温度を一定にしてある機種では破綻が少ない仕上がりになってました。

という結果をうけて、現在の裸状態の愛機にケースを作ることにしました。当然、3Dプリントを利用してケースを作ってみます。

●HIC TOP PRUSA 購入して1年10か月後
いろいろありました、思い出となる記事のリストアップしておきます。
※2018年は、カーボンフィラメントで造形してひずみゲージを貼った力覚センサ(6分力計)の開発がメインとなりそうです。3Dプリントでひずみゲージ貼った例は世界的に少ないので、有意義です。

【6分力計2018】Carbonフィラメントで造形<いい感じ>

【6月24日】HIC TOP Prusa i3 ドライブギア変更結果とABSの吸湿不良の課題

【11月15日】HicTOP Prusai3-ゴム系プリント不良解析と対策-

【1月2日】HIC TOP PRUSA造形品質評価<続1前回よりズレてる>

【1月14日】HIC TOP Prusa造形品質評価<ようやく直りました>

【1月16日】HIC TOP PRUSA 改良すべき点<備忘録2017/1/16>

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です