【2017夏秋】やりたい事でてんこ盛りになった

MFTでのお客様とのコミュニケーションの結果、方向性が決まってきたので、計画を作成してます。雪が降るまでは
このテーマ構成でいきますが、雪が降るとスキーのIOTテーマがはいりますので、それまでに自転車系を終わらせたいと思います。



●開発ペース
開発に従事する日数比率は、
6分力計     10%
3DPの基礎解析 10%
パワーメーター  80%
ロードバイクのトレーニングが3日に一回入るので、開発時間全体が春先の75%程度に落ちますが、スキルが少しずつ上がっているので、効率が上がるので、進捗具合は、あまり落ちないと期待してます。
◎当面のイベントとしては、
9月16日からツールド東北に参加するので、それまでに
低下した体力を戻さないといけません。8月10日から練習開始して34日間で11回練習します。
●6分力計10%
①6分力計は、今までの記事の総集編で目次付にして、
一覧で作り方が判るようにします。
WordPressの使い方勉強しながらやります。
VBAプログラムもコメントをいれて、公開します。
②HX711基板の不安定も解析していきます。
③3号機もアイデアが浮かんだら、図面にしていきます。
最小サイズ、最大剛性で、実用性を意識していきます。

●3DP基礎解析10%
当ブログのPVの30%は3DP検索でご来訪いただいております。しかし、この6ヶ月間ほとんど記事更新しておりません。
これでは、読者に失礼なので、3DPの楽しいネタでも
ご提供しようと画策しております。
現在のFDM方式で判らない部分が多々あるので
それを埋めていこうと思ってます。
私は、基礎解析が得意なので、FDM方式の原理をねちねちと
実験評価していこうと思ってます。フィラメント材料の物性も
実験したいので、計測方法の開発もしていこうと思ってます。
来年のMFT2018には、3DPでエポックメーキングしたいな
というイメージを持って進めていきます。

●My Power Meter 80%(シートチューブ型パワーメーター)
①チェーンステイ左右:チェーンテンションそのものを測定できるので、誤差がある波形変換をしないで済むはずだが、今度は、走行時のフレーム傾きとか振動で大きく変形する成分があるのでそれをキャンセルしなければなりません、もしかするとIMUも含めてキャンセルしないとチェーンテンション波形はとれないかもしれません。昨年10月にワイヤ式パワーメーターで
経験したことが役にたちます。

【9月1日】ワイヤセンサの校正 始めました

【9月10日】ワイヤセンサ校正ーローラ台乗車で異変ー

②トップチューブ
腕力を使って踏力の反力を作って釣り合いをとっているので
トップチューブには、踏力の反力と相関した曲げモーメントが
かかっていると思われます。ひずみゲージを貼る位置は
シートチューブに近いほうが、モーメントが大きいとおもうのですが、あまり近いと接続部の乱れを拾うので、シートチューブから10cm以上離して貼ってみます。

③フォーク左右
プロの方からのお薦めですので、期待して貼ってみます。
ペダリングの踏力波形とフォーク左右の曲げモーメントが
どのような相関になっているか興味があるところです。
特に、スタンディングしたりした時の感覚と曲げモーメント
は面白いと思います。ピナレロ ドグマを試乗したときの
スタンディングのスムースさは、素晴らしかったので、もしかするとフォークに秘密があるのではないかと思ってました。

④クランクの踏力ベクトル測定とパワー値比較
現在、接線力(トルク)しか測定してないので、それに
クランクの軸力測定するひずみゲージブリッジを取り付けます。中華ゲージ8枚でトルクと軸力をとれるか左クランクで
試してみます。データ処理は、小さいCPUとXBEEで
やるかXBEEのADCだけでできるか実験してみます。
踏力ベクトル測定と各フレーム部材の波形を比較して
フレームのひずみ値からパワーを計算する方式にたいして、
トータルした基礎解析が可能となりますので、シートチューブ型でのPowerTapとの乖離現象、クランク式とPowerTapとの乖離現象なども解明できると期待してます。

⑤パワーマネジメントメーターの開発
上記MyPowerMeterは、パワーマネジメントメーターの1機能です。パワーマネジメントメーターが最終目標ですので、準備をしていきます。
使う予定のセンサ
1:パワーメーター(自作:ADC、PowerTap: ANT+)
2:風速計(自作ピトー管:i2c)
3:心拍数(garmin:ANT+)
4:ケイデンス(自作:DigtalIn、garmin:ANT+)
5:IMU(自作:i2c)
6:GPS(自作:Serial)
7:血糖値を測定できるセンサ

これらを接続して、マネジメントしていくシステムを構想設計していきます。2018年に実走行できればと考えてます。
ANT+接続は、dgradeDIY様のご指導で実現させていただく予定です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です