【AndroidPgm】電源ボタン無効に出来ない<3DPでカバー>

LOGGERプログラムスキー場で再度試験運転しました。前回よりは、データが取れたのですが、何回かに1回プログラムがリセットになってしまってました。どうやら電源ボタンと戻るボタンが押されてしまったみたいです。
●Androidで電源ボタン、戻るボタンを無効にする方法を検索
戻るボタンを無効にする方法は、サンプルプログラムあったので動作させてみたのですが、
https://forum.processing.org/one/topic/turning-sleep-mode-off-in-android.html
ちっとも無効になりませんでした。電源ボタンを無効にする手段はどこにもありませんでした。

●ソフトでできないならメカで解決する
ボタンを無効にする=>ボタンを押せなくする
ということでカバーを3Dプリントすることにしました。
1時間ほどで図面を書きました。2体構造でカバーを差し込むような構造にしました。ポケットにいれた時にすべてのボタンが触れないようになってます。

●スキーターンのデータをCPLTでみると
オレンジのXーY角度がターンを表してますが
滑走している波形は、黄緑色の気圧値が上昇している部分が
滑走している箇所であることがわかります。他はリフトにのっていたり歩いいるときです。
ノイズが多いので移動平均をとりました。

10点の移動平均をとるとくっきり波形がみえるようになりました。

このくらいの波形にしてターン数をカウントすればいいとおもいますが、カウントするアルゴリズムより、グラフィカルにターンの様子を示す見やすいグラフがあったほうがいいかと思いました。

●以後
明日は、大雪で積もっているので、新雪滑りできますので、出動します。3Dプリントは明日以降でやります。たぶん、6か月ぶりで稼働させるのでトラブルが発生すると思います。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です