【MAKER】MFT2018どうしよう<焦ってきた>

東京から帰ってきました。本日は活動無しなので、計画と課題検討です。
①MFT2018参加どうしよう
昨年は、パワーメーターと6分力計を出展して、3月から7月末までフルパワーで開発していたのですが、その弊害として、ロードバイク練習ができなくて、体力が激減してしまいました。
今年は、反省してMFT2018参加よりロードバイクの信越五高原ロングライドへの参加を優先しようと思ってます。夏には、友人と乗鞍ヒルクライムも予定してますので、4月までに開発をさっさと終了させてロードバイクに専念したいところです。
昨年は、MAKE記事にパワーメーターが紹介されたという追い風があったので出展成功しましたが、今年は追い風なしです。
http://makezine.jp/blog/2017/03/powermeter.html

②MFT2018出展申請ネタ
ロードバイクパワーメーターは、出展しません。6分力計は、3dプリントで造形したという新ネタで出展しようと思います。
しかし、コト作りができてないのでどういう6分力計をつくればいいのか見当がついてません。平凡なものだとMFTの出展審査で不合格になりそうなので、アピールできるもののアイデアを検討していきます。(推測ですが昨年の出展競争率が2倍くらいではないかと思います、その前までは3-5倍の競争率と推定してます)6分力計は昨年もアイデア検討したのですがうまいのがありませんでした。6分力計で普段見られない力や動きを可視化するというアイデアで地球ゴマをやってみたのですがなかなかうまい結果がだせませんでした。

【4月27日】3D Force sensor<コマをSG90で支えたが>

 

③昨年の反省
年々レベルが高くなっているMFTについていくのが大変なのですが、あまりにも恥ずかしいレベルのものをだしたくないので、昨年の反省点をしっかりと修正していきたいと思います。
反省点1:MFT会場のノイズで動作が狂ってしまった
反省点2:お客様への説明が不足していた
反省点3:子供が寄ってこなかった

良かった点:会場でいろいろな人に出会えて、その後の活動で支援していただけた。DgradeDIY様という素晴らしい能力をお持ちの方から教えていただいて開発が格段に進歩しました。http://dgradediy.blogspot.jp/
パワーメーター、無線系の開発ネタはすべてDgradeDIY様のアドバイスで進めてきてます。
他にも、大勢の学生さんが見に来ていただいて、会話させていただいて今の若者もMFTに来るような学生さんは、優秀でまじめですごいなと感じました。日本の将来も捨てたものでもないと感じたのが良かったです。

④昨年からのDIY能力の成長
昨年はMakerはじめて1年目だったのでやることなすこと試行錯誤で大変な苦労をしました。2年目の2017年度は、少し進歩しました。
1:マイコンmbedのプログラムが普通に作れるようになった
2:スマホのプログラムもProcessingで作れるようになった
3:ひずみゲージ貼り、測定が上手になった
4:基板の配線が少し上達した
5:Fusion360のシミュレーションを使った開発を始めた

●以後
DIY能力が向上した分、効率よく開発を進められるようにする方向で検討していきます。

 


「【MAKER】MFT2018どうしよう<焦ってきた>」への2件のフィードバック

  1. 昨年拝見したような記憶があります。
    mft2018参加悩ましいですね。
    なにを変えてなにを変えないか。

    1. KobutaProject様 
      お声がけ有難うございます。信州MAKERS管理人です。
      現在、4月末に向けて、3Dプリンタで作る6分力計というテーマで悪戦苦闘しております。
      昨年の6分力計との違いは、ロードセルを購入品から
      3Dプリンタで自作したロードセルを組み合わせて作ることで昨年からの進歩をめざしてます。3Dプリンタの造形樹脂でひずみを測定するという前代未聞の行為を行うため、技術的難易度が高くなって大変になってしまってます。
       予定より3倍くらい手間がかかりそうです。
      何とか、初期試作機を4月末までに完成させてYOUTUBEにアップして一息つきたいと考えております。
       KobutaProject様の作品を拝見しました。パソコンをつくられてしまうとはすごい技術屋さんだと感心いたしました。
      子供が喜びそうなネタで、集客もよかったのではないかと思います。MFT2018への次回ネタも楽しみにしております。
       お互い、頑張って、選考パスして出展できることを願っております。
      宜しくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です