【6分力計2018】TS7:Fz対向Roverbal作った<Simulationと違う>

3DP修理して、ようやくプリント造形できました。3DP故障で3日ほどロスしました。しかし、故障したおかげで、1台だけで開発活動をしているリスクを感じましたので、3DP-21を購入しました。まだ組み立ててませんが、これもカーボンフィラメント用に改造して2台体制でロードセル、6分力計を造形していこうとおもいます。いろいろな形状のロードセルを造形していろいろな用途に対応するのが本テーマの目的ですので3DPが自由に使えるようにすることも重要です。

●TS7roverbal十字造形
修理の状況は記録してありますが、まだ、カーボンフィラメント吐出がうまくいってなくて時々途切れて吐出しなくなる現象があります。エクストルーダの倍率を3.3倍にしてあるのですがもっと上げて、常にホットエンド溶融室の圧力を上げてそれを一定に保つ状態しないといけないかもしれません。次回は4ー5倍まで倍率上げてみます。今はスリップしない構成でエクストルーダギアユニット組んでありますが、ゴムフィラメントをプリントするようにスリップするギアで常にたくさん送る方式にしたほうがカーボンはよいかもしれません。
メガネ穴にサポートをたっぷりいれたので、やすりで元の形状にするまでに2-3時間かかりました。造形に5時間かかって削りに3時間かけるならもっとサポートレスで造形したほうが早いとおもいました。次回は、サポートレスで工夫しようと思います。

●配線
配線は、はんだ付けしたらすぐにプラスチック接着剤ではんだ付近にべっとりのせて1時間ほど乾燥硬化させてから次のはんだ付けします。ですので裏表で3時間くらいかけてゆっくりと慎重に配線します。ゲージバンプが弱いのではんだ付け後、カラー線を移動させるだけバンプがちぎれてしまいますので、慎重にやったほうが最終的には早く仕上がります。

今回
は、左右で対称配置でゲージ番号を決めました
外側がr1、内側がr2で裏面も外がr4,裏内側がr3です。

●取り付け台制作
校正台にとりつける前に、基本的な動作をするか確認するために別途取り付けセットを作りました。
TS7用に仕入れたアルミ板をボール盤で穴開けしました

このアルミ板、WEBで探して一番安いところをみつけました
精度も仕上げも丁寧でGOODでした。
https://item.rakuten.co.jp/auc-himitsukichi/52s_ita_t3-100-100/

私がポンチしてドリルしても所望の精度でできてないので最後は
穴を拡げるためにやすりがけを1mmくらいして長穴になるのですがアルミA5052だと被削性がよくて簡単に削れたり穴あけできるので卓上自作には便利です。

●校正冶具セット
今回は校正台前に仮チェックですので小さなT字バーを2枚取り付けました。X軸方向、Y軸方向のモーメントをかけてFzに対するモーメントのクロストークをみます。

●通電波形

左からCenter,X+、X-、Y;、Y-ですので、
一応負荷にあった波形してます。TS6の三ツ矢式だと何がなんだかわからない波形がでて非対称でしたが、TS7は対称なので
負荷にあっているのが見てわかります。
グラフから読んだ値でエクセル計算してみると

干渉
が大きく残ってます。特にX+X-のモーメントが25%あります。前回のシミュレーションとの違いを検証してみます

●以後
今回は、2点固定で基本的に対抗Roverbalの基礎データをとりましたが、案の定シミュレーションとは違ってました。
しかし、このユニットだけFzとMxMyの3分力がとれれば
2階建ての6分力計ができるので、可能性がないか検討を続けます。Fzだけなら、1ブリッジに結線しなおして、干渉補正をやってみます。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です