【6分力計2018】JENGAデモは断念<重すぎて静定遅い>

JENGAで触った力点を算出実験していたのですが、除荷してからゼロ点に戻るまでに数秒揺れていて、ゼロ点がばらついて精度がでません。本6分力計は数百g程度の低荷重用なので、1KgのJENGAを乗せると、ゆれがひどくてダメなようです。
代わりに6分力を使う軽量な角柱を作るなど考えます。
地球儀ポインタは、軽量で静定が早く安定しているので、当初からの予定通り地球儀ポインタのデモと6分力計の原理解説の展示となります。

●計算式
FxFyFz入力から各モーメントで計算します。
ゆっくり触っているうちはいいんのですが、離してから
ゼロ点認識してAutoTareするまでに数秒かかってしまいます。
300mm付近で押されて傾いて揺れてしまって静定しません。
これは、本機の仕様外の使い方ということだろうと思いますので無理して使って地球儀ポインタデモができなくなると困るので
今回は諦めます。

●以後
6分力を触って楽しめる何か考えます。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です