e:全記事:3D プリンター

【6分力計2018】TS7:分力BEAM同士の接合方法検討<スプライン検討>

今までネジ締めの圧力で回転止めをしていたのですが、ズルムケ気味で、あまり大きなトルクがかけられませんでした。 CFRP部品は、樹脂の中でも力を伝達する機能を求められるので部品同士で力の伝達が課題になるだろうということで世 … 続きを読む 【6分力計2018】TS7:分力BEAM同士の接合方法検討<スプライン検討>

コメントなし

【6分力計2018】TS7:Fz造形組立初期評価OK<フッ素コート効いてる>

カーボンでは、最大サイズの造形を何とか無事仕上がました。 ねじり剛性をあげるために幅30ミリの両持ち梁に左右対称にRoverbalを2個設けてあります。感知できるのはFzのみで、1分力をセンシングするのにゲージ8枚使うと … 続きを読む 【6分力計2018】TS7:Fz造形組立初期評価OK<フッ素コート効いてる>

コメントなし

【3DP】HIC TOP3dp-21組立メモ<USBマイクロBコネクタ不良>

 ボール盤の隣に設置できてフットプリントが小さくてよかったです。 3dp-11でTS7をCarbonフィラメントでプリント中ですが、1個6時間くらいかかるので、その間に3dp-21を組立調整試運転を行ってます。全部まとま … 続きを読む 【3DP】HIC TOP3dp-21組立メモ<USBマイクロBコネクタ不良>

コメントなし

【6分力計2018】TS7:60角に構造変更<締付ひずみ対策>

TS7になってようやくFz対向Roverbalビームで干渉が少ない方式が判ってきたのですが、固定ネジの締付力が与圧ひずみとなって左右バランスを狂わせてしまう現象が顕著であることが判りました。 ●締付の差 X軸を2点固定し … 続きを読む 【6分力計2018】TS7:60角に構造変更<締付ひずみ対策>

コメントなし

【6分力計2018】TS7:Fz対向Roverbal作った<Simulationと違う>

3DP修理して、ようやくプリント造形できました。3DP故障で3日ほどロスしました。しかし、故障したおかげで、1台だけで開発活動をしているリスクを感じましたので、3DP-21を購入しました。まだ組み立ててませんが、これもカ … 続きを読む 【6分力計2018】TS7:Fz対向Roverbal作った<Simulationと違う>

コメントなし

【3DP】3Dプリント中にフィラメントが切れた場合の対応動画

コメントなし

【3DP】3dp21開梱_HICTOP 3dp-11メイン基板交換修理<温調で半日>

アマゾンから1日で3dp-21と3dp-11の、メイン基板とホットエンド部品が到着しました。どれから始めようかと考えたのですが、 3dp-11の修理を上げて、プリントが無事できる状態にしてから、3dp-21の組み立てには … 続きを読む 【3DP】3dp21開梱_HICTOP 3dp-11メイン基板交換修理<温調で半日>

コメントなし

【3DP】HICTOP3DP-11故障修理ついでに3DP-21購入<2台体制>

6分力計のTS7試作開始しようとして1か月ぶりでHICTOP PRUSA 3dp11を動作させたら、案の定カーボンフィラメントの目詰まりでホットエンドとスロート全部交換して再起動したら、ヒーター線がショートで温度制御がき … 続きを読む 【3DP】HICTOP3DP-11故障修理ついでに3DP-21購入<2台体制>

コメントなし

【6分力計2018】TS6組立して精度測定中<TS7構想も>

TS6組立ました。一段目が曲げクロスビームでMxMy用 2段目がRoverbal1/3ArrowでFz用、3段目がRoverbal3Arrowで FxFyMz用で6分力全部センシングできます。 サイズは、3階建てでも40 … 続きを読む 【6分力計2018】TS6組立して精度測定中<TS7構想も>

コメントなし

【6分力計2018】Fz:せん断丸BeamとRoverbal比較<1N未満が悪い/TS6まとめないと>

Fz方式は、2種類検討しています。 Roverbal1/3arrow式とせん断丸断面Beam式です。 両者を比較するために、同条件でFz,Mx、My3分力での干渉補正をおこなって誤差を比較してみました。 ●せん断丸断面B … 続きを読む 【6分力計2018】Fz:せん断丸BeamとRoverbal比較<1N未満が悪い/TS6まとめないと>

コメントなし

【6分力計2018】Fz精度5%前後<Fz変更/干渉補正万能ではない>

6分力一括で干渉補正してみたのですが、3分力で干渉補正したほうが精度が良いことが分かりました。 多項式になると増えた分力のノイズとかドリフトも食らうので 力学的に線形性がなさそうな分力同士は、干渉補正に加えないでデータ処 … 続きを読む 【6分力計2018】Fz精度5%前後<Fz変更/干渉補正万能ではない>

コメントなし

【6分力計2018】Fz:1/3Arrow式で干渉補正OK<荷重の入れ方が課題>

Roverbal式で3Arrows(三ツ矢)式は、FxFyMzへMxMyを加えた5分力の干渉補正でOKだったので、Fzを加えて6分力で干渉補正をするために、Fzを1/3Arrow(三ツ矢の1本だけしか使わない) で可能か … 続きを読む 【6分力計2018】Fz:1/3Arrow式で干渉補正OK<荷重の入れ方が課題>

コメントなし

【6分力計2018】Roverbal三ツ矢式干渉補正精度実験<FxFyOK/Mz?>

Roverbal式を3本束ねて三ツ矢式でFx,Fy,Mzが測定できるか測定しました。 ●干渉補正用の5分力組立 底にクロスビームをおいて、その上に三ツ矢を載せました。 これで、クロスビームでMxMy、三ツ矢でFxFyMz … 続きを読む 【6分力計2018】Roverbal三ツ矢式干渉補正精度実験<FxFyOK/Mz?>

コメントなし

【6分力計2018】TS6構想設計<3Arrowを試してみる>

Roverbalの解析で穴形状をメガネと決めて、構想設計を始めました。クロスビームにこだわらずに、6分力すべてをRoverbalにしたらどうなるかを描いてみました。 ①全Roverbalで描いてみた 3Arrows方式 … 続きを読む 【6分力計2018】TS6構想設計<3Arrowを試してみる>

コメントなし

【6分力計2018】Roverbal式穴形状の解析<メガネ型が良い>

Roverbal式ロードセルがFzなどせん断力センシングに最適なことが分かったので、6分力計へ組み込むための設計パラメータを解析してます。今回は、穴形状がどのようなメカニズムになっているか解析しました。 ●やり方 FUS … 続きを読む 【6分力計2018】Roverbal式穴形状の解析<メガネ型が良い>

コメントなし

【6分力計2018】Fz方式はRoverbalロードセルがBetter<TS6に採用>

Fz方式が決まらないので、2か月間紆余曲折してきてます。 金属製の多分力計でもドリフト補正、干渉補正をいれて何とか計測器になっているという論文調査結果から、本テーマでもドリフト補正、干渉補正ありきでいくという観点で、今ま … 続きを読む 【6分力計2018】Fz方式はRoverbalロードセルがBetter<TS6に採用>

コメントなし

【6分力計2018】評価結果を振り返って見た<Fz評価見逃しあった>

MFT2018申請終わって一段落したので、駆け足で2月から走ってきた3Dプリントで作る6分力計のテーマで見直ししてみました。 左の固定ページ CATEGORY LIST に 6分力計2018の「記事一覧表」があります。 … 続きを読む 【6分力計2018】評価結果を振り返って見た<Fz評価見逃しあった>

コメントなし

【6分力計2018】MFT2018申請用紹介動画アップ<時間かかった>

コメントなし

【6分力計2018】MFT2018申請準備<記事一覧表作成しました>

5月2日までにMFT2018の申請書類を送らないといけませんので、開発活動を一旦止めて、出展のための作業にはいります。 4月末までのレベルですが、完成してなくてもいいそうで、 6月15日に正式申請時に、公開される文章、U … 続きを読む 【6分力計2018】MFT2018申請準備<記事一覧表作成しました>

コメントなし

【6分力計2018】デモ計測対象物検討<地球儀難しい>

昨年のMFT2017では、円柱を押して力点の3次元座標をセンシングするデモを行いました。パワーメーターほど反響はなかったのですが、学生さんたちには、3DFORCEセンサの原理について興味をもっていただけました。 今年は、 … 続きを読む 【6分力計2018】デモ計測対象物検討<地球儀難しい>

2 comments

【6分力計2018】固定ネジ締付左右バランスでドリフト発生<与圧管理必要>

単品では、何回もキャリブレーションしてあるクロスビームですが、6分力計に組み込んでみたらドリフトが大きくて使えないレベルまでに変わってました。 ●現象 1番上のクロスビームは、初期に造形して、安定した評価結果を何回も記録 … 続きを読む 【6分力計2018】固定ネジ締付左右バランスでドリフト発生<与圧管理必要>

コメントなし

【6分力計2018】TS6造形しながら6CH先行動作実験<6CH課題出た>

カーボンフィラメントで、巣がなく造形するためにいろいろ対策を打ってますが、クロスビーム1本で6-7時間かかる速度でしか造形できません。待ち時間がたっぷりあるので、仮組した6分力計をばらして改良してます。4月末までのTS6 … 続きを読む 【6分力計2018】TS6造形しながら6CH先行動作実験<6CH課題出た>

コメントなし

【6分力計2018】モーメント差方式でのFxFy精度悪い<方式変更>

カーボンフィラメント抵抗大の課題で3DP改良中で、新たな起歪体を造形できないので、今まで大量に作りためた、ビームを組み合わせて、 6分力計の先行組み立てしました。 アルミ板に固定してありますが、アルミ板がヒンジで固定され … 続きを読む 【6分力計2018】モーメント差方式でのFxFy精度悪い<方式変更>

コメントなし

【3DP】CarbonFilament目詰まり解析その1<座屈変形対策>

カーボンフィラメント適当にプリントしてきたのですが、回数を追うごとに吐出不安定がひどくなってきたため、3DPをカーボン用に改良するテーマを進めてます。6分力計は、3DPでカーボンフィラメントでプリントできなければ完成しな … 続きを読む 【3DP】CarbonFilament目詰まり解析その1<座屈変形対策>

コメントなし

【3DP】レベリングセンサ用微調整マウント作った<調整精度上がった>

カーボンフィラメントは、毎回のように、スロート内のフッ素チューブを交換したりするので、ノズル高さが毎回くるってしまいます。そこで、簡単に精度よくギャップ調整できる方法を開発してHICTOP PRUSAを改良してます。 ● … 続きを読む 【3DP】レベリングセンサ用微調整マウント作った<調整精度上がった>

コメントなし

【6分力計2018】Calibration方法改良<クロストーク測定精度アップ>

CrossBeamのキャリブレーションで、クロストークを精度よく測定する方法がなかったのが課題で残っていて、いざ、6分力計組み立ての段階で、困ってしまったので、新規のキャリブレ方法をつくりました。前回までの記事では、クロ … 続きを読む 【6分力計2018】Calibration方法改良<クロストーク測定精度アップ>

コメントなし

【6分力計2018】TS6構想:結合ねじにエンザート検討<薄くなる>

TS6の目標は、剛性を落とさずにいかに高さを低くするかです。仮組では、60mm近くなったので、接続部を縮小することでどこまで低くできるかが課題となります。 起歪ビームは3本ですので、厚さ8ミリから12ミリですので 接続部 … 続きを読む 【6分力計2018】TS6構想:結合ねじにエンザート検討<薄くなる>

コメントなし

【6分力計2018】6分力計仮組して剛性確認<金工の日でした>

TS6設計する前に、3Dプリンタの改良をしていますが、今までのTS1からTS5まで造形した部品を組み合わせると6分力計が出来てしまうので、全体の剛性をチェックするために仮組してみました。 ●金属加工 ■M12ねじにM6ネ … 続きを読む 【6分力計2018】6分力計仮組して剛性確認<金工の日でした>

コメントなし

【3DP】ギャップセンサSN04-Nの精度測定した<近接センサは不適>

HOMEリセットしたときのZ高さとベッド中央部でZHOMEしたときのZ高さが0.2mmほど高くなっている現象について 中華センサSN04-Nの精度が怪しいので、検出精度測定をしました。電圧が6v~36Vとなってますが、5 … 続きを読む 【3DP】ギャップセンサSN04-Nの精度測定した<近接センサは不適>

1件のコメント

【3DP】カーボンフィラメント用に改良中<フッ素チューブ収集>

カーボンフィラメントでプリントを多用するので、作業効率を上げるために、以下の改良をしてます。 ①カーボンフィラメントがスロート内のPTFEチューブで詰まる課題 対策1-1PFAチューブに変更 =>PFAは、PTFEより成 … 続きを読む 【3DP】カーボンフィラメント用に改良中<フッ素チューブ収集>

コメントなし

【6分力計2018】TS6_3分力計組立てて補正確認<TS6設計開始>

昨日のFz丸BEAMクロストーク評価でTS3,TS4,TS5と設計していたリニアブッシュ方式を捨て去って、モーメント補正方式を採用したTS6に一挙に移行しました。コロコロ変わるのは、新規開発の常ですが、積み重ねたことが全 … 続きを読む 【6分力計2018】TS6_3分力計組立てて補正確認<TS6設計開始>

コメントなし

【6分力計2018】TS5 Fz丸Beamクロストーク線形だった<補正付でTS6検討>

Fz丸BeamをProtopastaカーボンフィラメントで造形して実験評価してきたのですが、ドリフトが大きくて、使えない判断をしてました。Protopastaフィラメントのドリフトと波形安定性がCarbonFilフィラメ … 続きを読む 【6分力計2018】TS5 Fz丸Beamクロストーク線形だった<補正付でTS6検討>

コメントなし

【6分力計2018】TS5 Fz丸BEAM荷重ーひずみ測定<1N以上でOK>

CarbonFilで4mを4時間かけてプリント無事できました。 ブリッジは前回の記事にあります。 ゲージの接着剤は、百斤で買ってきた刷毛付き瞬間です。今まで滴下式でしたが、刷毛式のほうが薄く塗れてゲージ貼りの仕上がりがよ … 続きを読む 【6分力計2018】TS5 Fz丸BEAM荷重ーひずみ測定<1N以上でOK>

コメントなし

【6分力計2018】TS5試作計画と見積り<プリントで26時間>

4月になってしまいました。4月28日にMFT2018の申請を行おうと思います。それまでに、完成度は低くても、出展できる目途をつけておかないといけません。 ●TS5の見積 129gでカーボンフィラメント(15~20円/g) … 続きを読む 【6分力計2018】TS5試作計画と見積り<プリントで26時間>

コメントなし

【6分力計2018】PTFEチューブからPFAチューブへ変更検討<納期10日>

カーボンフィラメントが短時間で目詰まり気味に課題、PTFEチューブが原因と思われるため、高熱での耐摩耗性の優れたチューブをさがしました。PFAという兄弟材料があることがわかりました。 http://www.acecoat … 続きを読む 【6分力計2018】PTFEチューブからPFAチューブへ変更検討<納期10日>

コメントなし

【3DP】改良アイデア備忘録<i-Extruder作りたい>

カーボンフィラメントでプリントを始めて2か月たって、いろいろ不具合点が見えてきました。HIC TOP Prusai3購入から2年になろうとしてます。2年間の使い方は、ぼろいプリンタでも正常なプリントを可能してくれるFab … 続きを読む 【3DP】改良アイデア備忘録<i-Extruder作りたい>

コメントなし

【6分力計2018】CarbonFilは、3~4mしか持たない<PTFEチューブが摩耗?>

●カーボンフィラメントの3Dプリント時の課題 アマゾンからエクストルーダが届いたので、交換して、造形しましたが、4時間でダウンとなりました。粉が混じっていて、流路を削って、摩擦係数がどんどん増加して、3m単位で吐出が低下 … 続きを読む 【6分力計2018】CarbonFilは、3~4mしか持たない<PTFEチューブが摩耗?>

コメントなし

【6分力計2018】ProtopastaとCarbonFilでDrift大差ある<過去データ検証>

カーボンフィラメントの造形特性で、PLAに近いProtopastaフィラメントでなんとか角アーチを造形できたのですが、荷重ーひずみを測定してみるとDriftが多く不安定な挙動で角アーチ構造では使えないことがわかりました。 … 続きを読む 【6分力計2018】ProtopastaとCarbonFilでDrift大差ある<過去データ検証>

コメントなし

【6分力計2018】Carbonフィラメント目詰り対策<速度遅くすると良い>

●カーボンフィラメント目詰まりの考察 CarbonFilフィラメントで、慢性目詰まりが発生してしまったため エクストルーダのギアを解除して、フィラメントを手で送り込んでやると、力をかけてゆっくり押すとにょろにょろと細い糸 … 続きを読む 【6分力計2018】Carbonフィラメント目詰り対策<速度遅くすると良い>

コメントなし

【6分力計2018】エクストルーダ目詰まり慢性化<CarbonFilフィラメント目詰>

一昨日、目詰まり発生から回復したのですが、1回角アーチ式を造形した後改良角アーチ式の造形2回目からまた目詰まり気味になって、1-2時間でダウンしてしまう状態になってしまって、頻繁に、エクストルーダのPTFEチューブとスロ … 続きを読む 【6分力計2018】エクストルーダ目詰まり慢性化<CarbonFilフィラメント目詰>

コメントなし

【6分力計2018】長時間造形中に目詰まり頻発<PTFEチューブ詰まった>

リング式ロードセルの実験評価が終わったところで、次にアーチ式ロードセルも実験することにしました。アーチ式のほうが背が低くコンパクトにできるので、成功すれば6分力計の厚さを小さくできるので、トライする価値はあります。 結論 … 続きを読む 【6分力計2018】長時間造形中に目詰まり頻発<PTFEチューブ詰まった>

コメントなし

【6分力計2018】Fz分力をリング式で試作実験した<使えそう>

●リング式ロードセルを検討する理由 Fz測定で、Beam式の曲げモーメント用ブリッジを使う以外に手段がなくなりました。Fz力をBEAMに曲げモーメントに変換する機構が必要となります。レバー機構を使って曲げモーメントを負荷 … 続きを読む 【6分力計2018】Fz分力をリング式で試作実験した<使えそう>

コメントなし

【6分力計2018】TS3_FzBridgeドリフト大<Bridge変更検討>

昨日組み立てたFzユニットを測定してみました。 事前確認と比較してドリフトが大きくなってました。 そもそもFz測定用ブリッジは、モーメント測定ブリッジより ドリフトが大きいのは判っていたのですが、リニアブッシュで純粋にF … 続きを読む 【6分力計2018】TS3_FzBridgeドリフト大<Bridge変更検討>

コメントなし

【6分力計2018】TS3_Fzユニット造形・組立<配線大変>

TS3になっても未だ6分力計全体をひとまとめにできずに来てます。何とかTS3で破綻なく全体をまとめたいと頑張ってます。 図面は以前にできてるのですが、試作ごとに課題が発生して日数を食ってしまってます。 だんだん大きくなっ … 続きを読む 【6分力計2018】TS3_Fzユニット造形・組立<配線大変>

コメントなし

【6分力計2018】タップ切り断念_ナット埋め込み変更<樹脂と金属の締付課題>

カーボンフィラメントを粘りのあるCarbonFilに変更してタップねじ切って、止めねじで一回は、固定できたのですが、数回取り外しするとねじ山が崩れてしまって、使えなくなりました。 急がば回れということで、止めねじの設計計 … 続きを読む 【6分力計2018】タップ切り断念_ナット埋め込み変更<樹脂と金属の締付課題>

コメントなし

【6分力計2018】CarbonFilフィラメントでM3タップOK<粘りがある>

カーボンフィラメントProtoPastaカーボンフィラメントだと脆くてM3タップのねじ山が崩れて6角穴付止めねじ通らない件 カーボンフィラメントをFormFutura社のCarbonFilフィラメントに変更して、見事にM … 続きを読む 【6分力計2018】CarbonFilフィラメントでM3タップOK<粘りがある>

コメントなし

【6分力計2018】Fzユニット実験<リニアブッシュOK>

3Dプリンタで作る6分力計(力覚センサ、ロードセル)も試作はTS3まで進んできてますが、Fz力のセンシングが大きな課題となって残っております。そこで、リニアブッシュを使って FzとMzを6分力から分離してクロストーク、ド … 続きを読む 【6分力計2018】Fzユニット実験<リニアブッシュOK>

コメントなし

【6分力計2018】Fzリニアブッシュで巨大化した<設計再考>

リニアブッシュを嵌めることで、6分力の内FzとMzだけ分離する構造を設計してますが、大きくなりすぎて困ってます。 TS1:Φ60x15(せん断ひずみで超薄型ねらい=>FzクロストークでNG) TS2:Φ60x35(Twi … 続きを読む 【6分力計2018】Fzリニアブッシュで巨大化した<設計再考>

コメントなし

【6分力計2018】Fzクロストーク対策<リニアブッシュ検討>

Fzの分力抽出方式に苦労しております。Roverbal型でもクロストークがモーメントによって10%程度発生します。それを補正するにも、線形で発生してないため、適当な補正になるのでせいぜい5%程度までしか補正できないと思い … 続きを読む 【6分力計2018】Fzクロストーク対策<リニアブッシュ検討>

コメントなし

【6分力計2018】Roverbal型ロードセルクロストーク検証<補正必要>

Fz荷重を求めるためにRoverabal型を採用しようとしてますが クロストークがあるため、中華ロードセルとそっくりの寸法で作ったカーボン3DPロードセルを作って、Roverbal型でのクロストークを比較検証してみました … 続きを読む 【6分力計2018】Roverbal型ロードセルクロストーク検証<補正必要>

コメントなし

【6分力計2018】TS2Fzユニット剛性低い<HX711不調>

Fz測定用片持ちRoverbalロードセルを造形してMxMyCrossBeamと合体してみました。片持ち梁のため変位が大きく これでは、剛性不足でNGなことが判りました。シミュレーションでは、10Nで0.1㎜以内だったの … 続きを読む 【6分力計2018】TS2Fzユニット剛性低い<HX711不調>

コメントなし

【6分力計2018】TS2構想設計<厚くなった>

TS1では、Φ60x15狙いでしたが、せん断ひずみが使えないことが判って、曲げひずみだけで6分力を抽出することになって一挙の厚さ32mmと倍以上になってしまいました。 3Dプリントの異方性が原因ですが、このサイズでも十分 … 続きを読む 【6分力計2018】TS2構想設計<厚くなった>

コメントなし

【6分力計2018】Roverbalロードセル試作評価した<分力抽出+たわみ測定>

CrossBeamでMxMy分力測定は完成したので、FxFyFzを曲げひずみから分力抽出する手段としてRoverbal式ロードセルを検討開始しました。設計とシミュレーション、3Dプリント、ひずみゲージ貼り、分力抽出測定、 … 続きを読む 【6分力計2018】Roverbalロードセル試作評価した<分力抽出+たわみ測定>

コメントなし

【6分力計2018】CrossBeam_Mx_MyキャリブレーションOK<Mzは未だ>

モーメントを正確に負荷する方法として、フォースプレート上の座標目盛り位置に錘を置くことで、MxMyのクロストークの出ない位置を決めてキャリブレーションしました。 ●やり方 CrossBeam上に200x200の百斤のMD … 続きを読む 【6分力計2018】CrossBeam_Mx_MyキャリブレーションOK<Mzは未だ>

コメントなし

【6分力計2018】CrossBeam_Mx_My同時測定OK<クロストークの無い負荷方法必要>

FxFyFzを曲げひずみで抽出する開発へ方向転換する前に今までやってきたCrossBeamの完成をさせないと発散してしまうので、急いでCrossBeamでMx,My,Mz3CH同時試験を始めました。 ●結果 Mx、Myは … 続きを読む 【6分力計2018】CrossBeam_Mx_My同時測定OK<クロストークの無い負荷方法必要>

コメントなし

【6分力計2018】中華ロードセルにみる曲げ分力抽出<2種類あった>

曲げひずみ利用してFxFyFz分力抽出を探しはじめたのですが、共和のブリッジリストでは、4ゲージではダミーを使ったものしかなく、中華ロードセルの方式(電子ロバーバル式)は調査済みなのですが、もう1種類あることをみつけまし … 続きを読む 【6分力計2018】中華ロードセルにみる曲げ分力抽出<2種類あった>

コメントなし

【6分力計2018】ブリッジ形態とDrift特性比較<曲げが安定してる>

ブリッジ形態によってドリフトが大きくなる現象が確認されたため、今まで基礎評価で使ったブリッジでのドリフト具合をまとめてみました。 ●結果まとめ表 ①曲げひずみブリッジがゲインが大きくDriftが小さく良好 ②せん断ひずみ … 続きを読む 【6分力計2018】ブリッジ形態とDrift特性比較<曲げが安定してる>

コメントなし

【6分力計2018】せん断ひずみは丸断面でOK<Driftが出てきてる>

せん断ひずみは、丸断面形状だとほぼ理論通りにブリッジで分力抽出できることが実測できました。しかし、この組み合わせでドリフトが倍以上発生する現象がでてきましたので、ドリフトのほうが課題となりつつあります。更に、現在は、梁を … 続きを読む 【6分力計2018】せん断ひずみは丸断面でOK<Driftが出てきてる>

コメントなし

【6分力計2018】軸力の利用を検討<樹脂ひずみは奥深い>

金属でロードセルを設計している場合は、軸力は、ひずみ量が少なすぎてゲインがでないので、タブーとなってましたが、3Dプリンタでロードセル、6分力計を作るにあたっては、そのタブーは無しで考えてもいいのではないかとアイデアがで … 続きを読む 【6分力計2018】軸力の利用を検討<樹脂ひずみは奥深い>

コメントなし

【6分力計2018】丸断面CrossBeam試作始めた<SimulationではOK>

TS2構想開始してます。Fx,Fyの抽出法のアイデアは未だですが。今判っている。丸断面のCrossBeamが理屈通りに分力抽出できるか試作実験しながら考えていきまます。 造形は0.1mmステップで7時間かけて造形しました … 続きを読む 【6分力計2018】丸断面CrossBeam試作始めた<SimulationではOK>

コメントなし

【6分力計2018】せん断ひずみ異形断面ではNGだった<TS2構想始めます>

シミュレーションで、FxFyがおかしいのが判ったのですが、実際はどうか、ひずみゲージを貼って検証してみました。やはり、シミュレーション通りにおかしい値がでてきました。何が原因かを基礎まで戻って解析した結果せん断を利用する … 続きを読む 【6分力計2018】せん断ひずみ異形断面ではNGだった<TS2構想始めます>

コメントなし

【3DP】Carbonフィラメント常温で詰まった<Simplify3D-Gcode確認>

図面とシミュレーション確認が終了したのでプリント作業はじめたのですが、GAPの調整の仕方が悪かったのか、常温で、ノズルが目詰まりしてしまいました。 ●常温目詰まりの原因 常温でExtrudeしながらプリント動作をしてしま … 続きを読む 【3DP】Carbonフィラメント常温で詰まった<Simplify3D-Gcode確認>

コメントなし

【6分力計2018】各分力シミュレーションで確認<FxFyが予想外だった>

CARBONフィラメントの造形条件決まったので、改良点を設計変更しました。FXFYの剛性をあげました。 ひずみゲージ貼り位置を0.4ミリ突起させてつくりました。造形の底は、突起だとサポートが必要になるので突起をやめて外周 … 続きを読む 【6分力計2018】各分力シミュレーションで確認<FxFyが予想外だった>

コメントなし

【6分力計2018】CarbonフィラメントのLayer設定<1st Layer HeightとWidth>

3DPプリントでCrossBeam型6分力計を作るために、造形条件をいろいろ検討してます。 ●6分力計造形上の仕様と設定 ①樹脂にひずみゲージを貼ってブリッジで分力を測定するので、ブリッジ回路のゼロドリフト精度を満足でき … 続きを読む 【6分力計2018】CarbonフィラメントのLayer設定<1st Layer HeightとWidth>

コメントなし

【3DP】ProtoPastaCarbonフィラメント造形条件調整<GAP寸法調整>

FabrialPLAやABSを使っている分には、条件はデフォルト付近で造形できてましたが、CARBONフィラメントでは、脆いため粘着性が低く,FirstLayer品質が出にくい傾向がありました。条件をふってProtoPa … 続きを読む 【3DP】ProtoPastaCarbonフィラメント造形条件調整<GAP寸法調整>

コメントなし

【6分力計2018】ProtoPasta Carbonフィラメントで造形<剥離失敗した>

6分力計3DP造形でCarbonファイバー入りフィラメントを使うことでひずみゲージの放熱性をあげて温度ドリフトを低減させてます。さらに、剛性、強度もABSの倍以上あるので、3DPで作るロードセルでは、最適の材料ではないか … 続きを読む 【6分力計2018】ProtoPasta Carbonフィラメントで造形<剥離失敗した>

コメントなし

【6分力計2018】TS1設計<薄いΦ60×15>

薄型6分力計の構造決定したので、Fusion360で形状設計しました。TestSample1と命名しました。あと何回か改良していきます。 完成したらSTLファイル公開しますので、誰でも6分力計作れます。 ●特徴 1:Cr … 続きを読む 【6分力計2018】TS1設計<薄いΦ60×15>

コメントなし

【6分力計2018】せん断ひずみでFz抽出成功<ブリッジ構成方法解説>

モーメントが測定できたのですが、超薄型6分力計の開発でのFx,Fy、Fzを測定する良い手段がなくて、試行錯誤を繰り返してきたのですが、スキーの帰りにアイデアが思い浮かびました。ねじりブリッジを変形させてせん断ひずみから荷 … 続きを読む 【6分力計2018】せん断ひずみでFz抽出成功<ブリッジ構成方法解説>

コメントなし

【6分力計2018】ロボットアームプラモ組立てた<脳に良い刺激有り>

何十年かぶりにプラモデルを組み立てました。脳の普段使ってない部分を使ったような感じで、脳に良い刺激になりました。ストレス解消にも良いと思います。アマゾンで3854円でしたが値段以上に楽しめたと思います。 メカ好きのお父さ … 続きを読む 【6分力計2018】ロボットアームプラモ組立てた<脳に良い刺激有り>

コメントなし

【3DP】ExtruderのZ軸走査傾き測定した<簡単に表面凹凸の原因見える>

東京BigSiteで3DPrinting2018を見学した収穫の一つで、Qholiaの精度ノウハウ情報をいただきました。一早く、実際に自分の3DP HicTopPrusa i3でExtruderの走査時の姿勢傾きを測定で … 続きを読む 【3DP】ExtruderのZ軸走査傾き測定した<簡単に表面凹凸の原因見える>

コメントなし

【コト作り】ロボットハンド用6軸力覚センサ<コト作り調査>

MFT2018での6分力計アプリのコト作り調査してます。 6分力計のアプリケーション例として代表的なロボットハンド分野を調べてみました。産業界でも、ロボットハンドに使われる6軸力覚センサを使用した触覚制御はHOTなネタな … 続きを読む 【コト作り】ロボットハンド用6軸力覚センサ<コト作り調査>

コメントなし

【3DP】3D Printing2018見学メモ<収穫有り>

小さな会場を2時間かけて何回も回りました。 他の会場より客の密度は高かった感じがします。 ●収穫1 日本の中小企業がすごい3DP作っている Zortraxの表面すべすべを上回る国産機Qholiaがあった。 私はすべすべに … 続きを読む 【3DP】3D Printing2018見学メモ<収穫有り>

コメントなし

【3DP】3Dprinting2018見学準備<今週は東京>

信州の田舎でスキーとDIYばかりしていて滅多に東京へ行きませんが、年3-4回見学に行きます。3DPrinting2018が2月14日~16日まで東京ビッグサイトで開催されるので、見学に行きます。 ●日本の3DP業界規模推 … 続きを読む 【3DP】3Dprinting2018見学準備<今週は東京>

コメントなし

【6分力計2018】Carbon Beam測定結果<ABSの倍ある>

CarbonFilで造形したBEAMにひずみゲージ貼って、曲げモーメントをかけてひずみ測定してみました。 ●カーボンBEAMの剛性 カタログ値で曲げ弾性率4600MPaでしたのでABS2500MPaの1.84倍高いので、 … 続きを読む 【6分力計2018】Carbon Beam測定結果<ABSの倍ある>

コメントなし

【6分力計2018】Carbonフィラメントで造形<いい感じ>

CrossBeam式6分力計を3Dプリンタで作ろうとしてます。 PLAで造形したら粘弾性挙動がひどくて不静定構造では使えないという結論で、ABSに変更しました。ABSでは、線形出力がなんとか得られましたが、ひずみゲージブ … 続きを読む 【6分力計2018】Carbonフィラメントで造形<いい感じ>

コメントなし

【6分力計2018】Beam測定まとめ<モーメントのみOK>

ABS造形の単BEAMの測定まとめました。 温度ドリフトがあるもののモーメント分力は、ゲインが非常に高くドリフト分を誤差程度に抑えられるので、そこそこの精度がでてました。 ブリッジを繋ぎ変えながらモーメント、軸力Fx,F … 続きを読む 【6分力計2018】Beam測定まとめ<モーメントのみOK>

コメントなし

【6分力計2018】CrossBeam分力測定備忘録<ブリッジ回路>

Fusion360で静的応力解析でシミュレーション実験した値に対して、実際の測定値との違いをみると、モーメントがちっとも出なかったので、チェックしたら、ブリッジ配線を間違ってました。 下図を備忘録として残します。 ●固定 … 続きを読む 【6分力計2018】CrossBeam分力測定備忘録<ブリッジ回路>

コメントなし

【6分力計2018】ABSとPLAのひずみ波形比較<課題満載>

PLAの粘弾性挙動を確認してから、一筋縄では、3Dプリント版6分力計作れないと想定して、解析の準備をしてます。 ●準備1:ひずみゲージの線膨張率の差がどのくらい精度に効くか=>TML(東京測器研究所)へプラスチック用ひず … 続きを読む 【6分力計2018】ABSとPLAのひずみ波形比較<課題満載>

コメントなし

【6分力計2018】PLAのCreep現象か<ABSへ変更>

PLAで造形したBEAMにひずみゲージを貼って荷重をかけて測定したら、応力が遅れてでてきたり静止中もドリフトしたりした現象、どうやらクリープ現象のようでした。 検証1:プライマ接着の影響があって粘弾性挙動をしているなら2 … 続きを読む 【6分力計2018】PLAのCreep現象か<ABSへ変更>

コメントなし

【6分力計2018】Beamにゲージ貼ってみた<粘弾性挙動がある?>

Warpingして反った部分のCrossBeamを切断して1本の両持ち梁に切り出しました。切断面をみると中実でInfill90%だとほぼ隙間なく造形できてました。 これに、ひずみゲージを貼ってみました。 私の3DPの安定 … 続きを読む 【6分力計2018】Beamにゲージ貼ってみた<粘弾性挙動がある?>

コメントなし

【6分力計2018】Warping発生<Simplify3D support見る>

CrossBeamの造形をしてみました。 正月いらい1か月ぶりでHIC TOP Prusai3動作させた。 ●WARPING発生 FabrialPLAでWarping発生は、珍しいのですが見事に反ってしまいました。昨年2 … 続きを読む 【6分力計2018】Warping発生<Simplify3D support見る>

コメントなし

【6分力計2018】3DP造形物へのひずみゲージ貼り調査<造形始める>

Fusion360静的応力解析で6分力計のアイデア確認作業をしているのですが、3Dプリンタで造形することを前提として形状をいろいろいじってます。FDMの3Dプリンタで造形するにあたって、 ●FDM3D造形で6分力計を造形 … 続きを読む 【6分力計2018】3DP造形物へのひずみゲージ貼り調査<造形始める>

コメントなし

【6分力計2018】CrossBeamアイデア検討作業<超薄型めざす>

CrossBeam型6分力計で、MxMY2つのモーメントは、精度よくとれそうなので、残りFxFyFzMzの4分力の検出方法を検討してます。 ●6分力計アイデア検討作業 Fusion360上で、アイデアがでた形状を入力して … 続きを読む 【6分力計2018】CrossBeamアイデア検討作業<超薄型めざす>

コメントなし

【6分力計2018】CrossBeam解析応力からモーメント抽出方法<備忘録>

Fusion360の静的応力解析から測定位置での各種応力を得たらそれから6分力計の分力を逆算することで、その測定位置で分力を精度よく得られるか判定する方法を備忘録しておきます。 ●基礎:モーメントと軸力計算方法 ●計算例 … 続きを読む 【6分力計2018】CrossBeam解析応力からモーメント抽出方法<備忘録>

コメントなし

【6分力計2018】CrossBeam式軸力抽出<せん断応力を測る>

コンパクトで剛性が高い6分力計をつくるアイデアを検討してます。クロスビーム型で曲げモーメントはねじり方向を除いて測定できることは解析済みですが、ねじりと軸力は、単純に専用のユニットを積み上げれば出来るのですが、大きくなっ … 続きを読む 【6分力計2018】CrossBeam式軸力抽出<せん断応力を測る>

コメントなし

【6分力計2018】CrossBeam型6分力計検討<MxMz抽出できそう>

Fusion360静的応力解析でロードセルの基礎解析の検証OKでしたので、早速、新たな6分力計の構造の解析をしてみました。 ●クロスビーム式6分力計 JSTAGEの論文にちょろっと紹介があったのですが、 この形状だとコン … 続きを読む 【6分力計2018】CrossBeam型6分力計検討<MxMz抽出できそう>

コメントなし

【Fusion360】中華ロードセルを応力解析検証<その4検証OK>

その1、その2、その3と考察を踏まえて、バーチャル中華ロードセル上に1N荷重した場合の応力測定値からひずみゲージブリッジ計算して、ロードセル出力値を計算した。 ロバーバル式ロードセルの原理確認という意味での実験にもなって … 続きを読む 【Fusion360】中華ロードセルを応力解析検証<その4検証OK>

コメントなし

【Fusion360】中華ロードセルを応力解析検証<その3ロードセル原理>

中華ロードセルの原理は、こんなもんだろうと思っていたのですが、未だに分解して検証したことがありませんでしたので、応力解析ついでに、分解してゲージがどう貼ってあるか見てみました。 ●今まで原理として理解していた資料 エーエ … 続きを読む 【Fusion360】中華ロードセルを応力解析検証<その3ロードセル原理>

コメントなし

【Fusion360】中華ロードセルを応力解析検証<その2裏表差>

その1記事で、表面の主応力値が荷重に比例することは確認できました。ロードセルの応力から分力を得るためには、裏表のひずみゲージ値の相殺計算でモーメントもしくは、せん断応力を測定して荷重とモーメントを測定するので表裏応力のセ … 続きを読む 【Fusion360】中華ロードセルを応力解析検証<その2裏表差>

コメントなし

【Fusion360】中華ロードセルを応力解析検証<その1>

6分力計の開発構想にFusion360静的応力解析が使えるか試してみました。2Kgの中華ロードセルに3水準の荷重を加えてみました。 拘束と荷重点付近は応力分布が乱れるので、それを防ぐために居板材を介して力を負荷することに … 続きを読む 【Fusion360】中華ロードセルを応力解析検証<その1>

コメントなし

【Fusion360】フォークの描き方<SweepでなくLoftでした>

本日は、小谷村までスキーに行ってきました。リフレッシュしたところで、フォークを一から描いてみました。 私の場合、開発テーマを複数回しながら、時々リフレッシュしながら進めていったほうが、アイデアとか勘違い、思い違いを修正で … 続きを読む 【Fusion360】フォークの描き方<SweepでなくLoftでした>

コメントなし

【Fusion360】フレーム描画の最難関はフォーク<SweepとLoft>

応力解析用のクロモリフレーム描画しているのですが、フォークが半日かかってもできません。 異形テーパー管に曲げRが3次元で入ってているので、今までの描画オブジェクトの中で最難関の技がいると実感しました。 描画の癖がついてい … 続きを読む 【Fusion360】フレーム描画の最難関はフォーク<SweepとLoft>

コメントなし

【Fusion360】軸受けの解析<接触と剛体モード難しい>

単体の解析は、とりあえず終わりにして、コンポーネント組み上がった状態で力をかけた場合の静的応力解析の学習をしました。 ロードバイクの軸受け部の力の伝達を定義するのにはここをしっかり学習しないとフレームに実際に近い力を加え … 続きを読む 【Fusion360】軸受けの解析<接触と剛体モード難しい>

コメントなし

【Fusion360】フレーム例にして解析練習<拘束学習>

Fusion360CAE解析解説本で、どんどんいじれるようなってきました。目標であるフレーム、クランク、6分力計の形状入力もしながら学習を進めていくようにしてます。 実際のモノで解析するには、モノをいかに現実に近い拘束条 … 続きを読む 【Fusion360】フレーム例にして解析練習<拘束学習>

コメントなし

【Fusion360】シミュレーション解説本学習1<解析結果の表示操作>

Fusion360で静的応力解析をやろうとしてますが、未だ、WEB検索での解説で細かいものが見つからないので、2017年11月に発売になったばかりの解説本を購入しました。 「例題でわかる!Fusion360でできる設計者 … 続きを読む 【Fusion360】シミュレーション解説本学習1<解析結果の表示操作>

コメントなし

【Fusion360】静的応力解析いじってみた<ロードセル>

2018年は、ひずみゲージ応用でロードバイクフレーム、部品、6分力計各種形状を開発していくと思うのですが、生産性を高めるためにシミュレーションをいれていこうと考えてます。 最近は便利な時代で、CAEが3DCADに付属して … 続きを読む 【Fusion360】静的応力解析いじってみた<ロードセル>

コメントなし

【AndroidPgm】スマホカバー造形<サポートレスで>

電源ボタンと戻るボタンを押されないようなカバーを3DPで造形しました。7か月ぶりに稼働させましたが、Simplify3Dから一発で造形できました。プリンタに一切触れることなく造形できたのは ラッキーでした。(通常は、ギャ … 続きを読む 【AndroidPgm】スマホカバー造形<サポートレスで>

コメントなし

【AndroidPgm】電源ボタン無効に出来ない<3DPでカバー>

LOGGERプログラムスキー場で再度試験運転しました。前回よりは、データが取れたのですが、何回かに1回プログラムがリセットになってしまってました。どうやら電源ボタンと戻るボタンが押されてしまったみたいです。 ●Andro … 続きを読む 【AndroidPgm】電源ボタン無効に出来ない<3DPでカバー>

コメントなし

【正月6分力計】剛性をアップできるアイデア<ぼちぼち>

6分力計コト作りもできないままノーアイデアで年越ししてしまいましたが、箱根駅伝を見ながら、思いつきました。 思いついたら絵と図にしてみるのがアイデアを進めるのに効果的ですので、つじつまが合ってない状態でも絵と図を作りまし … 続きを読む 【正月6分力計】剛性をアップできるアイデア<ぼちぼち>

コメントなし

【3DP】年末整理 何もできてない<2018どうする>

3Dプリンタは、7月から全くいじってません。ロードバイクパワーメーターばかりで時間が過ぎてしまいました。信州MAKERSでは、3Dプリンタは、モノ作りの一つのTOOLという位置づけで扱っていたのですが、デスクトップタイプ … 続きを読む 【3DP】年末整理 何もできてない<2018どうする>

コメントなし

トータルしたモノ作りとコト作りを日記風に綴ります。